斎場で通夜を行う際、遺体の納棺や安置の手配方法、葬式の手配など、人を一人送る時にはその手配は色々と大変です。

葬式のマナーについて
葬式のマナーについて

葬式と斎場で通夜を行う際の手配方法

斎場で通夜を行う際、遺体の納棺や安置の手配方法、葬式の手配など、人を一人送る時にはその手配は色々と大変です。身内のご不幸はいずれ、誰しもが経験することではありますが、その時になると分からない事がとても多いのが現実です。斎場で通夜を行うとき、遺体の納棺や安置の手配方法についても、落ち着いて対処をする必要はあります。すでに斎場で行うと決めているときは、葬儀社を決めます。依頼をした葬儀社の人間が、故人を病院や自宅より移動する手配をしてくれます。手配のタイミングですが、もし病院で亡くなったら、斎場を決めてすぐに連絡をします。斎場を選ぶのに迷ったら、病院関係者の人に相談をすることもできます。

納棺や安置する場所の決め方ですが、葬儀は自宅で行うのか、斎場でするのかを決める必要があります。昔はどこでも自宅で行うことが多かったですし、今でも地方では自宅でするケースはあります。しかし現代においては、ほとんどが斎場を利用しています。葬儀社に特に意向がないようならば、できるだけ近いところの葬儀社を選ぶと便利です。葬儀社を決定したら、すぐに喪主は電話で連絡をします。故人の亡くなった病院名に病室もメモ書きして、伝えられるようにしておきます。準備することとして、故人に着せる服と棺に収める物を用意します。

Copyright (C)2017葬式のマナーについて.All rights reserved.