葬式に参加する際の服装のマナーは、男性場合は比較的簡単で、黒か濃紺か紺のスーツを着ます。

葬式のマナーについて
葬式のマナーについて

葬式に参加する時の服装

葬式に参加する際の服装のマナーは、男性場合は比較的簡単で、黒か濃紺か紺のスーツを着ます。靴は黒の革靴、ネクタイも黒のものを着用します。最近は黒のネクタイは100均ショップでも売っていますので、急に葬式に参加することになった時のために、1本は買って準備しておきましょう。スーツは、あて布をしてアイロンをかけ、皺がないようにしておくことと、上下は色を合わせることが大切です。女性の場合は、黒のワンピースがスーツで、ラメや光沢がないものを選びます。スカート丈は、膝下ぐらいで、ストッキングは黒いものを履きます。アクセサリーをつける場合は、真珠のものが良いです。指輪などは極力ひかえましょう。ゴールドのアクセサリーはマナー違反になります。持っていくバックは、黒い小ぶりのものにします。靴は黒で、あまりヒールが高くない革靴で行きます。

子供を連れて行く場合は、中学生、高校生は、学校の制服で行きます。小学生以下の子供で、黒い服がない場合は、ブレザーと白のシャツと紺や黒のスカートかズボンを合わせます。葬式の服装のマナー前々から分かっていれば、急な葬式に慌て事はありません。洋品店等で店員さんに相談しながら、気に入った1着を選びましょう。

Copyright (C)2017葬式のマナーについて.All rights reserved.