葬式の出棺の際の釘打ちのポイントもありますから、押さえておきましょう。

葬式のマナーについて
葬式のマナーについて

葬式と出棺の釘打ちのポイント

葬式の出棺の際の釘打ちのポイントもありますから、押さえておきましょう。出棺前の釘打ちを行うのは、墓泥棒から守るためでもあります。ほかにも棺の蓋がずれないようにする為にも必要です。ほかには、仏様が棺から離れて、そこから迷わないようにする意味合いもあります。いずれにしても、故人への思いをそこに強く感じられる理由です。周波や地域性の違いでも、釘打ちはするかしないかは別れます。するときは思いを込めて、故人への思いを心を込めてするといいです。

出棺前の釘打ちのやり方として、お別れの最後の時となります。釘を打つことによって、棺の蓋をそこで完全に閉めることになります。故人を見ることができる最終のシーンが、この時です。棺の中には故人のお気に入りの物や思い出の品、それに花などを入れていき、故人に最後の別れを告げます。火葬場によって条件にも違いがあり、中に入れることができるものと、入れられない物もありますから、最初に確認をしておくことです。釘打ちですが、ほとんどのケースでは、すでに半分は釘の刺さっている状態です。順番は喪主に遺族、そして友人といった順で、頭の方より釘を打ちます。金槌で打つとか小石で打つ、釘を全くささないで小石で打つふりをするなどパターンはいろいろです。

Copyright (C)2017葬式のマナーについて.All rights reserved.