葬式に参列するにあたり、香典の渡し方も知っておきましょう。

葬式のマナーについて
葬式のマナーについて

葬式の参列と香典の渡し方

葬式に参列するにあたり、香典の渡し方も知っておきましょう。香典の渡し方は包みの方向が、係の人の方へ向くようにして、丁寧に差し出しましょう。持参するときにはふくさに包むのが、正式な方法です。ふくさをとり、そこから霊前へと備えます。ですが時代は変わって今では、バッグに入れていたり、ポケットに入れていて、そのまま受付に渡すパターンが増えています。受付で渡すにしても一言、御霊前にお供えくださいと添えましょう。香典の包み飲む気にも気を遣い、文字が係の人にキチンと読める方向にして、差し出しましょう。念の為に差し出す前には、住所や氏名、それに包みのなかに金包みがちゃんと入っているか、事前のチェックもしておきます。

現代人はとてつもなく早い時間の流れの中、誰もが忙しい毎日を送っています。知らせは受けたものの距離が遠くて、通夜や葬儀にも参列できないこともあります。その時には、郵送することができます。誰にも都合があって、それがどうしても変更できないこともあります。そんなときは通夜にも葬儀にも参列はできなくても、現金書留や電報為替などで、香典を送るようにしましょう。現金書留の場合は香典袋を用意して、金額と住所と氏名を記載します。またお悔やみの手紙も、できるだけ同封をすることです。

Copyright (C)2017葬式のマナーについて.All rights reserved.