今の時代は病院で、人生の最後を迎える割合がほとんどです。

葬式のマナーについて
葬式のマナーについて

葬式に向けての準備や化粧

今の時代は病院で、人生の最後を迎える割合がほとんどです。悲しみに落ちているあいだにも、葬式への準備は進み始めます。ご遺体の湯灌や身繕い、死化粧を行っていくことになります。病院で亡くなったときは、病院にもより春日ナースが死後措置で死化粧をすることもあります。保険適用外なので、別途費用は発生します。エンゼルケアとは違いますが、遺体衛生保存方法のエンバーミングもあります。湯灌や清拭は、なくなった人をお風呂へ入れる儀礼のことです。遺体を清潔にすることも理由ですし、来世への旅立ちを身を清めてさせる意味合いも含んでいます。

葬儀社の方で湯灌は行います。ですがなくなたのが病院であれば、医療行為として看護師が、死後措置と一緒に行います。この場合はご遺体の全身を丁寧に、湯やアルコールを使って拭き取ります。これが清拭であり、湯灌の替わりにもなっています。身繕いはご遺体の着替えのことです。青の世への旅立ちのために、それに必要な死装束に着替えることです。ですが故人が好んで着用していた洋服や着物を準備して、その時には着せてあげることもできます。死化粧はメイクアップです。ご遺体の乱れた髪を整えて、すこし皮膚を伸ばして、産毛やヒゲも剃ります。女性の故人の場合は、唇に紅をさして、薄化粧を施します。

Copyright (C)2017葬式のマナーについて.All rights reserved.