葬式のシーンで緊張するのは、焼香の作法という人もいるでしょう。

葬式のマナーについて
葬式のマナーについて

葬式と焼香の作法をマスター

葬式のシーンで緊張するのは、焼香の作法という人もいるでしょう。普段やらないだけに、見よう見まねでする人は多いものの、前の人が正しいやり方ではないと、一緒にまりが得た方法でしていることもあります。通夜での参列の場合、僧侶の読経をしている時に、参列者が焼香をします。焼香の方法としては、立ったまま行う立礼の焼香と、座って行う座礼の焼香があります。どちらも商工には代わりがありませんが、作法としては違いが少しあります。立礼でするときは、本人の順番が来たら焼香台の前に進みます。遺族と僧侶に対して一礼してから、頭を下げてご本尊へ合掌拝礼を行います。焼香合掌をしてからもう一度拝礼します。その前向きのまま祭壇より、3歩ほど退い静かにて元の席へ戻ります。

座礼の場合は腰をかがめて、静かに祭壇前へ行き、喪主に一礼して前へ進み、そこで祭壇へ頭をさげます。膝で前へ行き、遺影に合唱をし抹香を右手に取り、ようやく焼香をします。再度合掌をして喪主に一礼して、ゆっくりと立ち上がってから、静かに退きまましょう。座礼の場合の注意点として、足のしびれがあります。基本的には自分お順番が来るまでは、座布団の上で正座をしています。足がしびれて、立ち上がれないことがないようにしましょう。

Copyright (C)2017葬式のマナーについて.All rights reserved.