葬式や法事などの時には、手元には数珠があります。

葬式のマナーについて
葬式のマナーについて

葬式と手元に持つ数珠

葬式や法事などの時には、手元には数珠があります。一般的に多く用いられているのは一連、単念珠などです。材質は透明な水晶や色の美しい珊瑚、渋い色の香木などがあります。房を下側にして左手でも持つとか、左手首にかけるのが、普通の数珠の持ち方です。合唱をする時には両方の手の、親指以外の指をその輪の中に入れます。人差し指と親指とで、数珠を支えるようにします。本人に周波とは違う周波は葬儀であっても、本人が所属をしている宗派の数珠を持参します。日本にも宗派はいくつかがありますし、それによっても数珠の形状は違います。略式のものであれば、その宗派でも宗共通に用いることができます。一般信者用は片手数珠のパターンがよく使われています。

男性用と女性用という点でも、気にはなるでしょう。数珠市販の数珠の場合は、それぞれに男性用と女性用があります。商品は、珠のカラーやサイズが違います。数珠は僧侶によって、仏事のために使用するものであり、呼び方は念珠です。材質であったり、珠のサイズの異なる物が有り、これによって現代では男性用と女性用に分けられています。その素材では、お釈迦様が菩提樹のところで悟りを開いたと追われていて、最もいいのは菩提樹の実と言われています。

Copyright (C)2017葬式のマナーについて.All rights reserved.