葬式や通夜の会葬者の喪服は、昔から黒が基本であり、時代が変わってもそこにはブレがありません。

葬式のマナーについて
葬式のマナーについて

葬式や通夜の会葬者の喪服

葬式や通夜の会葬者の喪服は、昔から黒が基本であり、時代が変わってもそこにはブレがありません。通夜の会葬者の喪服で通夜の際の服装は、男性の場合は黒色の略礼服が、現代の流れでは多くなっています。その中でも黒っぽいスーツを着用している人もいます。通夜の場合は急いでそこへ駆けつけることもありますし、実際にそういった意味合いも含みますから、こうした服装はて失礼にはなりません。女性の場合はできるだけ黒っぽいワンピースを着用するか、もしくは黒のツーピースです。もしも和装であれば、紋つき羽織になります。

葬儀や告別式のときの、会葬者の服装に関して、遺族や近親者、葬儀委員長や世話役代表は、その時も全て正式の喪服を着用することにあんります。一般弔問客の場合は、略式の喪服で構いません。その略式でもある程度のルールはあって、男性であれば黒ネクタイにダークスーツです。足元まで気を抜かないようにして、黒の靴下をはくようにしましょう。うっかり白い靴下や、靴がスポーツシューズなど、マッチしない格好にならないようにすることです。女性はシンプルな黒のワンピース、もしくは黒のツーピースです。洋装ではなく和装にするならば、黒い色の一つ紋の着物です。ハンドバッグや帯も、色は全て黒い色でまとめることです。

Copyright (C)2017葬式のマナーについて.All rights reserved.